2022/06/05
KA MOʻOLELO O KA MŌʻĪ KALĀKAUA I  (The History of King Kalākaua I) カラーカウア王1世の歴史
作者: Joseph Mokuʻōhai Poepoe
出版: 1891年
Joseph Mokuohai Poepoe(ジョセフ・モクオハイ・ポエポエ)は、翻訳家・新聞記者・教師・歴史家・弁護士・政治家、カラーカウアの伝記作家で、ハワイ島コハラ出身。
ジョセフはハワイ文化の優れた知識人であり、新聞紙の編集者であったことから、当時のカラーカウアの様子を細かく熟知していました。カラーカウア王の伝記を執筆するにあたり、リリウオカラニ、カピオラニを筆頭にその他カラーカウアの側近や友人たちにインタビューをして出来上がったのがこの一冊です。この本は、今日に至るまで、最も詳細に記されたカラーカウア王の公式伝記として使用されています。
その中から、1881年2月16日、横浜港に向かう船の中で妻であるカピオラニに捧げたメレ、横浜港に到着した時の様子が詳細に記述されている箇所をご紹介いたします。

 

 

 

P.17

Ka Huakai Aumoana no Iapana—Kalakaua ia Kapiolani—Na Hookipa HIwahiwa ma Iapana.

I ka haalele ana iho o ka mokuahi Oceanic i ke awa lai o Kapalakiko, e halihali ana maluna o kona umauma lahalaha i kana ukana makamae—Kalani o Hawaii—ua niau ae la ia ma kona alahele moana e hoea aku ai no ke Aupuni Imeperiela o Iapana. A oiai ua moku la i kaalo ae ai ma ka merediana polo-lei i Honolulu nei, he mau degere hoi ma ka akau aku nei o ka pae moku o Hawaii nei, ua hoalaia ae la iloko o ke Alii ka Moi na haupu hoomanao aloha ana no na aekai o kona Pae Moku aloha. Ma ia wa hookahi no hoi, oiai e niau loa aku ana ka moku ma kela huli, ua haheiiho la. na kipona aloha a haawe iho la maluna o kona hokua no kana Moiwahine e noho hooma-nawanui ana me ke aloha poina ole nona i ka aina hanau. He oiaio, ua lalapa ae la ke aloha iloko ona, olino ae la ka halia a nopu hulili ae la ka weli hoomanao no kana Aliiwahine, a no ia mea ua haku iho la oia he mau wahi lalani mele e kanaenae ana no kana Moiwahine, a oia iho keia malalo nei, ma ka Olelo Hawaii a me ka Olelo Beritania:

 

 

 

日本への船旅〜カラーカウアからカピオラニへ。日本での大いなる歓迎。

穏やかなサンフランシスコ港を出航した蒸気船RMSオセアニック号は、ハワイの最も大切な国王を乗せて、大日本帝国へ向けて大海原へと航海を始めた。

その船は、ちょうどホノルルと同じ経度のあたりを通過していたため、王の中にハワイでの思い出が湧き上がり、愛する島々、その海岸の景色へと思いを馳せていた。

突然、船は猛スピードで進路を変更し、船が大きく揺れた。その衝撃で、我に帰った王は、胸の内に秘めていた女王への愛、生まれ故郷への忘れがたい愛が一気に溢れ出てきた。と、同時に辛抱強く自分の帰りを待ってくれている女王のことが心に重くのしかかってきた。

女王への深い愛情、2人で過ごした愛おしい日々、自分を待ち侘びてくれている女王を心配する気持ち、さまざまな感情が入り乱れ、いてもたってもいられなくなった。そして、船中で筆を取り、女王を讃える詩が作られた。以下が、ハワイ語と英語による詩(ポエム)である。

 

 

P.17-18

He Halialia.

KALAKAUA IA KAPIOLANI.

[Kakauia maluna o ka mokumahu Oceanic, Feb. 16, 1881.]

O ka ike lihi aku i na ae one ma o

Ka ko’u mau maka e ake nei

Me ka pule e hoea hou au ilaila,

Mai ae i ka’u upu e ko ole!

O na nalu hu’akea lelehuna,

O ia ae one; he aloha au,

A ke huli kuu’alo no ka huakai home

E nalo na manao hele auwana.

E kuu aloha e kali ala, nou ko’u haupu

Me ka lei maile ma kou a-i!

O! e hai mai e ke kai kupikio inaina,

A hea pau kau kokohi ana ia’u?

Ano, o ka hui me oe, he mea hiki ole

Oiai ua okia e ke kai nui,

E puana aku nae au e ka ipo aloha,

He manaolana ko’u e hui hou kaua.

O kou aloha me ka manao oiaio

Ke kiai ma ko’u alahele

A ke ike au i ka poepoe honua,

I makana na’u ia aloha

KALAKAUA TO KAPIOLANLANI.

[The Island King to His Queen.]

(Written on Board the Oceanic, Feb. 16, 1881.)

To catch a glimpse of yonder shore My eager eyes I strain,

And pray that I was there—once more! Let me not pray in vain.

The surf its silvery crests display, On that far shore I love,

When back, I make my homeward way, No more I’ll care to rove.

Dear waiting one, I think of thee The maile round thy neck!

O, tell me, wild and angry sea, How long you’ll hold me back?

Since, then I cannot meet you now, Divicled by the main

Let me tell you fondly how, I hope we’ll meet again.

A love like thine, so leal and true, My devious way will guard;

And when the rounded world I view, Thy love is my reward.

 

 

 

カラーカウアからカピオラニへ

「島の王から女王へ」

(1881年2月16日オセアニック号船上にて)

あの岸辺を見ようと、私は目を凝らし、

もう一度、その場所にいたいと祈る、たった一度でいいから!

この祈りが無駄にならないように。

銀色の紋章を表現するその波は、

私が愛する遠い岸辺へと続いている。

故郷に戻ろう、もう放浪旅はこりごりだ。

親愛なる私の待ち人よ。

汝を思う、首周りに飾られたマイレのレイ。

荒々しく怒る大海原よ、教えて欲しい。

いつになったら私を連れ戻してくれるのだ。

あなたに会うことができない今、

この大海原で分断された私たち。

また会えることを願いながら、

この愛をあなたに伝えさせて欲しい。

あなたとの愛は、とても自由で、そして真実。

私の滑稽な生き方で

この丸い世界を目にする時、

その結果、受け取る報酬、それは汝の愛。

 

 

 

P.19

Ma ke kakahiaka poniponi o ka la 4 o Maraki, ua hookomo aku la ka mokuahi Oeeanie iloko o ke awa o Iokohama. E mo-ku ana ia wa maloko o ke awa he kanaha kumanialua mau mokukaua me na mokuahi nunui. A penei ka hoike a kekahi nupepa Iapana:

 

3月4日未明、オセアニック号は横浜港に入港した。42隻の戦艦、巨大な蒸気船が停泊していた。日本の新聞では、次のように紹介されている:

 

 

“I ka hora 7:30 o keia kakahiaka, ua hoikeia ae ua ikeia ka mokuahi Oceanic, a ia manawa koke no ua ike ia aku na pioo ana mawaena o na moku o ke awa, oiai ua ikeia aku la ka welo mai o ka Hae Hawaii ma kekahi kia o ka mokuahi. Ia manawa ua hoowehiwehi koke ae la na mokuahi, na manuwa, a me na moku-pea ia lakou iho me na kahakahana hae, a oiai oia e niau ae ana mawaena o na moku i hele a ohuohu me na hae, oia no ka manawa i haawi ia mai ai na pu aloha he 21 e na manuwa, me ka pii ana ae o na sela a uluaoa na i-a, e pahola aku ana i ka hookipa aloha i ka Moi Kalakaua. O na hiohiona o ka Moi o Hawaii he ui, he kilakila puipui maikai kona kino, a he naauao kona mau helehelena.”

 

“今朝7時30分、オセアニック号の入港を確認、船のマストにはハワイ国旗が掲げられており、港内の船舶間が一気に忙しくなった。

その瞬間、蒸気船、戦艦、帆線がそれぞれの海旗を掲げ、その間をオセアニック号が通り過ぎると、21問の大砲が発射され、船員たちは興奮して甲板に上がり、カラーカウア王を歓迎するための敬礼が行われたのであった。

ハワイ国王の体つきは立派で、頑丈そうで、堂々としており、顔つきは叡智に満ち溢れていた。”

 

Penei hoi ka hoike a kekahi nupepa: “Ua ku mai ke Alii ka Moi o Hawaii ma nehinei, (Poalima,) ma ka hora 8 o ke kakahiaka. I ka holo ana ae o ka moku me ka hae kalaunu e pulelo haaheo ana, aia hoi ua ki koke mai na pukuniahi o na moku kaua lehulehu wale. Ua hele kokeia aku la ka Moi e ike e ka Adimarala Nakamura o ke Aumoku Alii o Iapana nei. a me kahi mau Luna Aupuni e ae. a me ka Adimarala Iiukini, a me kona mau aliimoku. Ua holo aku hoi ka Adimarala Iapana ma ke ano he ahailono ma ka aoao o ka Emepera o Iapana nei, e hoike ana e oluoluia e ke Alii ka Moi o Hawaii e lilo oia i malihini noho-hale malalo o na kiai a me na malama ana a ka Enmepera, oiai na la o ko ka Moi noho ana ma lapana. Ua ae ke Alii ka

 

ある新聞には次のように表現されていた:

“ハワイ国王殿下は、昨日(金曜日)朝8時にご到着された。王冠が描かれた旗を誇らしげに掲げ、入港した瞬間、多くの戦艦の大砲が発射された。

国王は早速、日本海軍の中牟田倉之助提督、その他の政府高官、海軍省の伊集院兼寛提督、そして艦長たちに会いに行った。

日本の提督は、日本の天皇に代わって代理で船舶を出迎えた。そして、国王の日本滞在中、天皇の護衛や関係閣僚の住居にゲストとして滞在することを丁寧に表明したのだった。

 

 

 

P.20

Moi i keia leo heahea a kona hoa Poo Aupuni. a nolaila, ua kau iho la oia a me kona mau ukali inaluna o ka waapa mokuahi a hoopae aku la no ka aina. E ukali ana mahope o ua waapa ʻla he ewalu mau waapa nunui e hoohanohano ana i ka huakai Alii. I ka hoea ana o ka Moi a me kona mau ukali ma ke Keena o ka Adimarala Iapana, hora 9 a oi paha ia, ua hookipa ia aku la oia, me ka hanohano nui, e na poe Iapana o ke kulana kiekie, e na lala o ka ohana Alii, a me ke keikialii Date, a o Mr. R. Irwin kekahi, ko Hawaii Kanikela ma Iapana nei, i hele ae e ike i ka Moi. Ma ka hora 10:45 haalele ke Alii ka Moi ia wahi, maluna o ke kaa alii, a holo aku la no ka Halealii Noge Yama, kahi i hookaawaleia nona, oiai na la e kauʻlua ai oia ma na kaiaulu o Iapana nei. Ma ke alanui a ka Moi i holo aku ai, me ka hoohanohano ia ana e na puaiikoa, no aneane elua mile okoa, e kuuwelu like ana na kahakahana hae Hawaii me ko Iapana nei ma kela a me keia aoao o ke alahele. Ua lehau kela a me keia aoao o ke alanui me na kanaka he nui, ine ko lakou hoouna ana ae i na leo ikuwa o ka hooho huro ana no ka Moi o Hawaii. Ua hoea aku ka huakai Alii no ka Halealii Makalii, a malaila i hookipa ia aku ai na kamahele o Hawaii e ke keikialii Higashi-Fushim: no-Miva.”

 

 

国王は政府首脳の挨拶を受け入れた。そして、荷物とともに蒸気船に乗り込み、岸へと向かった。その船の後方には、王の到着を讃える8隻の大型船が待機していた。

国王は9時頃、荷物と共に日本提督府に到着し、高官たち、皇族の方々、国王に会いにきたR.アーウィン在日ハワイ領事らから歓迎を受けた。

10時45分、国王は提督府を後にし、馬車で野毛山の王宮に向かわれた。そしてこの場所は、国王が日本で滞在する場所でもあった。

国王が通られた道路は軍隊によって誘導され、2マイル(訳注:3.2km)近くに渡り、ハワイと日本の国旗が沿道の両側で振られていた。沿道には多くの人々が集まり、大きな声援と共にハワイ国王を歓迎していた。

国王一行は、小さな王宮に到着し、ここで東伏見宮親王によって出迎られた。“

※(訳注)時間があれば、明治時代の新聞アーカイブから、該当記事を探すことができたと思うのですが、今回はその時間がないので、日本の新聞に実際に掲載されていた文章とは異なる可能性あり(あくまでも、ハワイ語>英語>日本語訳して内容)。

 

 

He halealii nani keia, aka, o ka nani e alohi ana i nei hale, he keehina mua wale no ia no ka nani e alohi anapa ana ma ka halealii Imeperiala o ka Emepera o Iapana. Ia nei i hoaumoe ai ke Alii ka Moi a me kona mau hoa auau-kai ia po a ao ae o ka Poaono ia. Ma ka hora 11 kakahiaka o ia la, ua haalele iho la ka huakai Alii ia wahi. maluna o ke kaa ahi, no ke kulanakauhale o Tokio. he 18 mile ka mamao mai ia wahi aku. I ka hoea ana aku ilaila, ua apo hiwahiwaia mai la ke kaoo alii e na Keikialii Imeperiela kiekie ekolu, a ukali aku la lakou i ka huakai kaahele honua a Kalani a hoea i ka Halealii Imeperiela Enriokawan.. Ua halawai mai la ka Moi Emepera me ka Moi Aimoku o Hawaii uuku ma ke keena auolo mua o ka halealii, a hookipa aku la iaia me ka pumehana oiaio. Alaila, alakai loa ia aku la ka Moi no ka rumi o ka Emepera wahine, a malaila i pahola ia mai ai imua ona na hookipa lua ole o ka hanohaweo ma na mailani ana i nei mea he niakee Alii. He lua ole ka nani a me ka hiwahiwa o nei halealii o ka Moi Emepera o Iapana. (A he mea makehewa i ka mea kakau moolelo ke helu papa aku i keia mau luhiehu hanohaweo i hoolupalupa ae i nei hale, oiai he haiki kahi waa.)

 

 

この場所はとても美しい宮殿で、まばゆいばかりではあるが、日本の皇居の美しさと華麗さとは比較できないものがある。

土曜日、国王と一行は、昼夜問わずの航海からの疲れを癒すため、休息をとっていた。

日曜日の11時、国王一行は、宿泊地から出発し、東京の街に向かう汽車に乗り込んだ。滞在地から18マイル(28.8km)の距離の場所には、周遊王(カラーカウア)のために用意された政府の迎賓施設である延遼館があり、到着すると国王一向は3人の高貴な皇族たちに出迎えられた。

天皇は迎賓館内の小さな応接間にてハワイの統治者である国王と謁見し、真の親愛の情をお互いに交わした。その後、王は皇后の部屋へと案内され、そこで比類なき歓迎と賞賛の宴が開催された。この建物の美しさは、他に比べようのない、美しさと荘厳さであった。(迎賓館の詳細は、ここでのトピックに直接関係ないので、建物の詳しい説明はこのくらいにしておく。)

 

 

 

P.21- P.22

Ma kekahi la ae a ka huakai Alii i Tokio, ua hele aku la ke Alii ka Moi a me kona mau hoahele no ka Hale Keaka Shintomiza. Ua oleloia he 28 ka nui o na kaa e halihali ana i na Keikialii a me na Kamaliiwahineo ke Aloalii Imeperielao Iapana i ukali i keia huakai a ka Moi no ka hale Keaka. He aneane 4,000 mau ipu-kukui Iapana i hoomalamalama ae ia waho a me loko o ua hale keaka la, a ua like ia mau lamalama me na tausani hoku e olino ana iloko o ka lani poiuiu. Iloko o keia hale keaka i ike ai ka Moi i na hana kamahao hookalakupua a na Iapana. Ua haawi makana aku no hoi oia i keia hale keaka, ma ke ano he hoomanao no kona kipa ana aku i ke kulanakauhale alii o Iapana, he paku pale e like me ka paku ma ke alo iho o ka nuu hoikeike o ka Hale Mele hou ma Honolulu. He paku lole veleveta ulaula keia, i omiloia owaena konu me na milo lopi gula e hoailona ana i ke kalaunu Aupuni o Hawaii nei, a me na huaolelo penei: “Makanaia e Kalakaua I. Moi o Hawaii, i ka Hale Keaka Shintomiza, ma ka malama elua o ka makahiki 2541. (helu makahiki Iapana).” Ma ka malama o Iulai, mahope iho o ko ka Moi kipa ana ma Iapana i paa ai keia paku, a na ke Kanikela Hawaii e noho nei malaila, oia o Robert Irwin i haawi aku i ka Luna Nui o ua Hale Keaka la. ma ka inoa o ka Moi. A ua lilo keia hoomanao poina ole no ke Alii ka Moi a me kona wahi Aupuni panana iki, maloko o ke Kulana-kauhalea Alii o Iapana, mai ka la i kalena mua loa ia ai kona loa a me kona laula maloko o ua hale keaka la a hiki i keia la.

 

 

東京滞在中、国王一行は新富座劇場を訪問した。新富座には28台の馬車があり、皇族や妃殿下を乗せていたそうである。劇場の外には、4000個もの提灯が灯り、その景色はまるで遠くの空に無数の星が広がり輝いているようであった。

王は劇場でとても不思議で魅力的な日本の人々の舞台を鑑賞した。そして、日本の王都を訪れたことを忘れないように、と、カラーカウアから劇場に記念品が贈られた。

その贈り物は、ホノルルにある新しいコンサートホールの正面部分にあるような舞台幕と非常によく似ている、金糸で縁取りされた、真っ赤なベルベットの緞帳であった。その緞帳には、「ハワイ国王カラーカウア1世から新富座に寄贈。2541(日本式の年号による)年2月」と記載されている。

その年の7月、寄贈した緞帳が出来上がった時、国王の代理として、在日ハワイ領事ロバート・アーウィンから劇場オーナーに正式に贈られた。

太陽が最初に昇る国(ハワイ)から遠く離れた日本の劇場に贈られたこのギフトは、日本の王都での国王の短い滞在を象徴する、忘れられない思い出となり今日に至っている。

 

 

Ma keia lualai ana a ke Alii ka Moi ma Iapana aole oia i hoopoina iki i na koena hapauea o na makua mua na lakou i lawe mai i ka lama o ka naauao i Hawaii nei, oiai i kekagi la ma ka wa i haawiia ai kekahi ahaaina nui ma lokohama e na poe kiekie o loko oia kulanaknhale no kona hanohano, mamua o kona miala eana aku ilaila, ua hele mua aku la oia e ike ia Kulika wahine, e noho ana malaila, oiai hoi na poe maka-hanohano e kali hoomanawanui inai ana nona.

 

 

日本滞在中においても、王は彼自身の親世代の長老たちが、ハワイに知識の光(近代教育)をもたらしてくれたことを少しも忘れたことはなかった。その証として、ある日、横浜の有名な実業家たちによって主催された大きな祝宴に招待されたとき、宴会に行く前に、横浜に住むクーリカ夫人に会いに行ったのだった。

クーリカ夫人とその亡き夫は、初めて日本を訪れたハワイアンで、さらにそのまま日本に永住した夫婦であった。カラーカウアはクーリア夫人を自宅まで迎えに行き、夫人は国王と共に招待された祝宴に出席したのである。

 

 

Ma ka la 16 o Maiaki, haalele iho la ka huakai kaahele honua ia Iokohama. maluna o ka mokuahi Tokio Mavu. no ke kulanakauhale o Kobe, he walii keia aia ina ke kukulu komohana hena mai Iokohama mai. I keia wahi i hele aku ai ka huakai Alii e  makaikai i ka heiau o ka hoomana Budha, a ua hookipaia aku la lakou e 24 poe kahuna i aahu ia me na lole silika like ole o kela a me keia ano i hana maiau ia me na lopi gula. Mai keia wahi aku, kau ka huakai Alii maluna o ke kaa-ahi a holo no Osaka he 24 mile ka mamao, iloko o 4 hora hoea ilaila. Kaulua iki maanei, a mai ia wahi aku no ke kulanakauhale o Nangasaki I keia wahi, ua haalele na Keikialii kiekie o Iapana, he eha ko lakou nui, i ka huakai Alii, a ma ka ia 22 o Maraki haalele ka huakai kaahele honua ia wahi, maluna no o ka mokuahi Tokio Maru, i haawi manawalea ia mai e ka Emepera Iapana, no ka holo ana i Kainahai (Shanghai) Kina.

 

 

3月16日、国王一行は横浜から明治丸に乗船し、神戸市へと向かった。横浜から比較的近い神戸市は、横浜の南西に位置している場所である。

神戸で一行は、仏教寺院を訪れ、金糸で繊細に細工されたさまざまな種類の非常に美しい絹の衣をまとった24人の僧侶を訪ねた。

さらにそこから、蒸気機関車に乗って24マイル(38km)を4時間かけて移動し、大阪に到着した。

大阪にしばらく滞在した後、長崎に移動し、3月22日、国王一行は4人の皇子に見送られ、天皇陛下から無償で使用許可を得られた明治丸に乗船し、日本を後にして上海へと向かった。

 

 

引用元: The Hawaiian Mission Houses, Digital Collections

書籍名:  KA MOʻOLELO O KA MŌʻĪ KALĀKAUA I  (The History of King Kalākaua I) カラーカウア王1世の歴史

作者: Joseph Mokuʻōhai Poepoe

出版: 1891年

Joseph Mokuohai Poepoe(ジョセフ・モクオハイ・ポエポエ)は、翻訳家・新聞記者・教師・歴史家・弁護士・政治家、カラーカウアの伝記作家で、ハワイ島コハラ出身。

ジョセフはハワイ文化の優れた知識人であり、新聞紙の編集者であったことから、当時のカラーカウアの様子を細かく熟知していました。カラーカウア王の伝記を執筆するにあたり、リリウオカラニ、カピオラニを筆頭にその他カラーカウアの側近や友人たちにインタビューをして出来上がったのがこの一冊です。この本は、今日に至るまで、最も詳細に記されたカラーカウア王の公式伝記として使用されています。

その中から、1881年2月16日、横浜港に向かう船の中で妻であるカピオラニに捧げたメレ、横浜港に到着した時の様子が詳細に記述されている箇所をご紹介しております。

 

ハワイ語>英語翻訳:Keliʻi Kalaukoa Masao Grothmann(Kaulukoa Hawaiʻi)

英語>日本語翻訳:Ryoko Sumitomo