2022/05/24

 

【ハラウ ナ マモオ トゥリパ】

オアフ島出身のクムフラ、レアト・S・サヴィーニが2004年にオアフ島で開いたハラウです。
クムフラ・レアトはフラをポリネシア文化の一部と捉えており、フラのみならず、タヒチアンダンス、サモアンダンスも学んでいる教室です。親戚・家族がミュージシャンやダンサーという家系に育ったレアトは、幼いころからフラ、チャント、ハワイアンソングに触れる環境にあり、4才頃から祖母トゥリパと母の教室でフラのレッスンを受けるようになり、その歌声やウクレレは父の影響を強く受けているそうです。
レアトはフラの才能だけでなく、母校ワイアナエ高校では、フットボールの選手、監督を務め、小さいころから習っている空手は黒帯という腕前。

「アロハヨコハマ」には、そんなクムフラ・レアト・S・サヴィーニもハワイから来日して登場。
新宿校のメンバーが中心にクムレアトのトゥリパスタイルに忠実なステージを披露してくれます。
出演するショークラスのメンバーからは「クムの迫力あるチャンティングと2019年のナホクハノハノアワード新人賞ファイナリストの実力を持つ歌声で歌い上げるハワイアンソングは、ハワイの風景や海、風を感じさせてくれます。チャーミングなクムのフラもぜひお楽しみに」とのメッセージが届いています。

 

 

【ハラウ ナ マモオ トゥリパ】

日本では東京・新宿のほか、青森・八戸、福島・いわきの3か所に教室があり、子供から80代まで、延べ150人余りの生徒が日々、ハワイやポリネシア文化について学んでいます。

アットホームでALOHAな教室なので、是非一度、体験レッスンを受けにいらしみてください。

6月10日(金) 19時30分~のマラマステージは必見です!