2022/05/20

 今回のメインビジュアル「Wahine」を書いたNick Kucharさんはフロリダ出身のサーフアーティストです。大学でインダストリアルデザインを専攻し、インテリアディスプレイのデザイナーとして活躍しました。

2005年にハネムーンで訪れたハワイが気に入りオアフ島へ移住しました。2人は、活気あるコミュニティと、故郷と呼べる「ohana」島を見つけたのです。

 

 

 ALOHA, I’M NICK!

サーフィンは、フロリダで育った頃から、双子の子供とオアフ島周辺のサーフブレイクでパドリングする現在に至るまで、常に私自身の一部となっています。波を捕まえること、妻と双子とビーチで過ごすこと、マディ・ウォーターズを聴くこと、そしてVWバスを運転することは、私の好きなことのほんの一部です。ヴィンテージのカラーパレット、タイポグラフィー、ノスタルジーなど、サーフィンやビーチカルチャーの初期にインスパイアされることが多いですね。これまでにパタゴニア、ハワイアン航空、ジャンバジュースなどとのコラボレーションに恵まれました。最近では、2018年のモロカイ島からオアフ島へのパドルボードレースの公式アーティストを務め、また新しく改装されたクイーン・カピオラニ・ホテルのロビーの大きなウォールイラストを制作しました。

 

 

 

 GIVING BACK(お返しをする)

ハワイの文化には、「与えること」と「受け取ること」の相互関係の豊かな歴史があります。

私たち夫婦は、このメンタリティの重要性を認識し、地域社会への還元を大切にしています。

私たちは、誰もが自分に最も適した形で参加できるよう、奨励しています。 私たちは、ハワイ州の里親になったり、ハワイアンヒューメインソサエティで動物の世話をしたり、インスティテュートオブヒューマンサービスで食事を提供したりしています。

また、非営利団体Ho’ōla Nā Puaと資金面で協力し、Inspire Churchを通じて夏のケイキイベントやビーチクリーンアップなど、地域社会のさまざまな機会で奉仕しています。

 

 

HOW IT ALL STARTED

2010年、妻はアパートの壁の装飾品を探していました。彼女は、頭の中で思い描いていたヴィンテージスタイルのトラベルアートを見つけることができませんでした。 そこで、妻は私にイラストを依頼し、私はハワイのお気に入りのスポットを探索することになりました。

 

その後、いくつかのブティックやギャラリーが私の作品に注目し、私の作品はハワイ島やその他の地域のショップで販売されるようになりました。

自分の好きなことを仕事にできるのはとても幸せなことです。 アロハ!

 

 

その後、自身のブランドをスタートし、トラベルマップシリーズがシグニチャーアートとして人気を集めていきます。

彼の創作活動は、サーフブレイクでパドリングしたり、ハイキングに行ったりして、島の至る所でインスピレーションを探します。その場で描いたスケッチや写真をスタジオに持ち込んで、アクリルウォッシュとデジタルイラストレーションを組み合わせて、その土地のイメージに生命を吹き込むのです。

 

国内ではグリーンルームギャラリー https://www.greenroomhawaii.jp/collections/naki が彼の絵画を扱っています。

 

 

 

Lucy

ポイ・ドッグ/お昼寝チーム・キャプテン
ローデシアン・リッジバックのミックスで、動物愛護協会に保護された、魅了的な女性であるルーシーは、私たちの公式マスコットキャラクターです。

ルーシーは、我々のストレスが多い状況下で、無料で癒してくれ、舐めたりして、スタッフの平静を保っています。