2022/05/09

 

オープニングセレモニー チャントによる厳かな舞台のお清め。

横浜市やハワイ州観光局、実行委員会の挨拶があります。

締めはカヒコ。

 

1881年(明治14年)にカラーカウア王が初めて日本の横浜へ上陸し、

日本の文化に触れる想いを演じます。

 

出演は、クム ケリイ・カラウコア・マサオ・ グロッスマン。

 

Kumu Keliʻi Kalaukoa Masao Grothmann クムの曾祖⺟の⽗は

カラーカウア王時代の政治家であり、王と友⼈であり側近でした。

 

 

曾祖⺟は幼い頃にカラーカウア王家の神聖なダンサーとして選抜されダンサーとして仕え、

そのスタイルが曾祖⺟から祖⽗、⺟と伝承されています。

クムケリイも⺟の下で3 歳からフラを始め、王族スタイルのフラを受継ぐ継承者です。

そのフラは未だ秘伝となっており、公の場で披露することはありません。

王族とカフナの家系に継承される様々な知識は、現地ハワイでもじっくり学べる機会は 多くありません。

⾃らの直系家族がカラーカウア王と関わっていたことから、当時の王 室の事情、政治的な背景などフラだけではなく、

ハワイ国の歴史、⽂化すべてに対する 深い知識は、まさに古代ハワイ神の申し⼦と⾔っても過⾔ではありません。